>  > 単身赴任中の風俗事情

単身赴任中の風俗事情

まさかこんなにも自分が単身赴任中に風俗にはまるとは思っていませんでした。どうしてかと自分でも驚いていますがそれなりにお気に入りの子ができたからだと思います。それでももうすぐで単身赴任が終わるのでその風俗嬢と会えないと思うと少し寂しいです。そんなこと言ってはいけないと思いますが、何しろ俺が仕事で疲れているときは丁寧にマッサージしてくれたり、息子が元気ないときは最後まであきらめないで尽くしてくれたりととにかく献身的な子だったんです。あんなに健気に尽くされるとさすがの俺も惚れてしまいます。もちろんそういう理性はあるんでどはまりはしませんでしたが、やっぱり寂しいです。だから会社に帰った後も何度か来てもらうことがあると言われたときは本当にうれしかったです。その時は彼女を指名してあげようと思いました。風俗嬢のことをこんなに気に入ったのが初めてだったんでマジで自分でも驚いていますがかわいいし、性格もいいんで好きになっちゃいますよね。

地元の風俗へ先輩と行きました

久しぶりに地元に帰ったので風俗で遊んでみました。先輩と合流して、どんな風俗が今流行っているのか色々な情報を集めましたが、やっぱりデリヘルがいいということになって、それぞれホテルの部屋に入りました。来てくれた女の子はこれこそ風俗嬢というようなタイプの女の子で、軽い言葉を使ってしまえばケバイ女でした。それでもしっかりと挨拶もできるし会話もできるまともな女の子だったので安心しました。今自分が住んでいる地域のデリヘル嬢は全然まともに会話ができない女の子が多いので、自分の地元のレベルの高さがほこらしく感じました。全身リップもしっかりしてくれるし、アナル舐めも丁寧にしてくれるタイプだったので、彼女のファンは多いのではないかなと思います。胸が少し小さいのが残念だと思いましたが、それを補うだけのテクニックは持ち合わせていると思います。先輩も大当たりだったということなので、この地域のデリヘルはなかなかのレベルなんだと思います。

[ 2016-10-06 ]

カテゴリ: 風俗体験談